売り方と新規営業の方法

顧客開拓や商品の売り方等、営業方法を研究する

商品やサービスの売り方、新規営業の方法を探究している経営者・販売営業責任者向けのサイトです。

売り方と新規営業の方法 - 顧客開拓や商品の売り方等、営業方法を研究する

新規営業は飛び込みで

お客さんとは出会いがある様にかならず別れも来ます。
あれだけ当社の製品をかわいがってくれて買ってくれたお客さんも取引が無くなってしまう時が来てしまう ・・・
取引というのは難しいものです。

だから、常に新規に取引してくれるお客さんを探さないと先細りになります。
どの事業でも新規営業はとても大切ですね。

ところが、新規営業の仕方はあまり知られていないですね。
基本は飛び込み営業です。電話はしません。

 

telapo

私がある会社でIT関連の責任者をしている折り、売り込みの電話は毎日ありました。しかし、飛び込み営業しに来るセールスはほとんどいませんでした。

テレアポの電話には、ほとんど興味がない話なので、「 結構です。 」 と言って断っていました。

全く逆のケースがありました。
本来ならば会う事もなかったのですが、先方が不具合を出してしまいました。私のクレームを受けて謝罪に営業マンが来て面談しました。その後、原因の調査をして結果を報告する等で私はその営業マンに何度か会って話を聞きました。

不思議な事に不具合を出した業者なのに、会えば会うほど私は営業マンと親しくなっていきました。クレームに対してずっと怒っているわけでもありません。人は人と会えば、相手の良いところも悪いところも見えてきます。自分にだって悪い所もあるわけですから、情が湧いてくる事もあります。

私は、何度か目の面談の折、その不具合を出した業者から違う商品をつい買ってしまったのでした。
兎に角、会うという事は営業にはとても大事なことです。

しかし、飛び込みで営業に行っても会ってもらえないのではないか?
そう疑問に思う人も多いでしょう。テレアポはしないという営業のプロにその質問をぶつけてみました。

「 飛び込み営業には会い方があるのだよ。 」

もったいぶった言い方ですね。
彼の説明では、良く営業が使うトーク
「 今回、私、こちらの地域の担当になりましたので、ご挨拶に伺いました。 」

では、ダメなのだとか。これではテレアポと変わらなくなってしまうらしいです。
さて、それではどうしたら良いのでしょうか?



ここまでを整理すると、新規営業の場合は兎に角会ってもらう事が重要だという事です。
その為には、従来行ってきているテレアポでは、面談率が悪い。飛び込み営業の方が効率的。
そして飛び込み営業には、会ってもらうやり方があるという事です。

 

しかし、扱い商品やサービスによっては、テレアポの方が営業効率が良い場合もあります。

それでは、どういう時に飛び込み営業の方が良いのでしょうか?

営業戦略をたてる時、重要な選択の一つです。