売り方と新規営業の方法

顧客開拓や商品の売り方等、営業方法を研究する

商品やサービスの売り方、新規営業の方法を探究している経営者・販売営業責任者向けのサイトです。

売り方と新規営業の方法 - 顧客開拓や商品の売り方等、営業方法を研究する

商店がネットショップ開店出来るか

「 ネットショップってどうかなぁ? 」

そう切り出したのは、商店街の店主です。ネットショップを開店したいと言い出したのでした。
そのお店だけでなく、商店街全体がお客さんを呼び込めていない ・・・

日本中、どこでも同じ問題を抱えている、一般的な商店街です。
人の集まる大型ショッピングセンターに原因があるのではなく、世の中にニーズに合わなくなってしまったのですね。

 

ネットショップについて話を

 

「 ネットショップですか? やめた方が良いですよ。 」

私の回答が意外だったのか、”どうして?”と詰め寄って来ました。
私は少し狼狽しました。それ程、真剣に考えているとは思っていませんでしたから。

「 どうしてネットショップを思い至ったのですか? 」

答えて語った店主の話には色々な事柄がありましたが、要は、お金が必要だという事でした。
切迫感があったので、かなり真剣に考えている様です。

本当は、今、ネットショップは低コストで開店できるので、お薦めです。しかも、簡単なパソコンの操作でネットショップを始める事が出来ます。
でも、私が恐れたのは、ネットショップへの期待が大き過ぎると挫折するからです。ネットを使うと魔法のように稼げると誤解している人も結構いますからね。

 

ネットショップは実店舗と比べてコストがかかりません。でも手間はかかるつもりでいてもらいたいです。
それに独自で集客するのは難しいです。商店街という集まりにお店がある様に、ネットショップもショッピングセンターに開店した方がお客さんを呼び込み易いです。

それに実店舗の店主と言えども、ネットショップを経営するには、誰かにサポートしてもらわないと難しい事が多いです。商工会や商工会議所などがその支援をしてくれると本当はありがたいのですが ・・・

 

 

「 それで、どうしたら良いの? 」と店主は話を急かします。

「 まずは、ネットショップについて調べたらどうですか? 」

店主の表情は険しくなりました。私の肩透かしの回答に嫌悪したのでしょう。
しかし、本当にネットショップは下調べ無く始めると、梯子をかけ違える事になります。上りかけた梯子を降りて掛け直すのに、労力と時間を取られる事になります。

「 これを見て下さい。 」

その時、私がパソコンを開いて示したのが、楽天市場の資料請求サイトです。

 

そして、私が説明したのが下の3点です。

  • ネットショップ開店もしくは、楽天市場の様なモールへ出店する場合は、サポートしてもらう何らかのサービスを利用した方が良い。
  • 実際、ネットショップを経営している人の話を出来れば聞きたい。
  • 費用も事前に調べておく必要がある。

どの店も楽天市場に出店して成功しているわけではありません。でも、日本では楽天市場がネットショップのノウハウを一番持っているでしょう。
下調べには、楽天市場の資料を是非、手元に取り寄せたい所です。

実店舗と同じ様に、下記の2点が販売のポイントになります。

  • 新規のお客さんをどう獲得するか。
  • リピートの購買をどう促進するか。

ネットショップの場合、実店舗と違い、それがシステムにより行い易くなっています。
だから、ネットショップを開業するには、そのシステムを使いこなす必要があります。

それらのネットショップのノウハウを学べる「楽天大学」という機会を用意しています。その内容を知るだけでも資料を取り寄せる価値があるでしょう。

また、ネットショップ成功者をインタビューしてまとめた、「店長奮闘記」がもらえるそうです。

楽天市場の資料請求はこちらから行えます。

⇒ 人気店の成功秘話一挙公開!失敗談も!?【楽天市場】の詳細

 

また、ネットショップ構築ツールについては、下記で解説しております。ご参考にして下さい。