売り方と新規営業の方法

顧客開拓や商品の売り方等、営業方法を研究する

商品やサービスの売り方、新規営業の方法を探究している経営者・販売営業責任者向けのサイトです。

売り方と新規営業の方法 - 顧客開拓や商品の売り方等、営業方法を研究する

売れる時に売る方法

売れる時に売るというのが売り方の基本です。
スーパーや百貨店では、七草、節分、ひな祭り 等 季節のイベントに売れる物を陳列し直しますね。
でも、他の業態では、売れる時に売るという基本が忘れられている場合が多いです。

それは売れる時がいつなのか知るのが難しいからかもしれません。

参照) 売れる時を知る方法

 

多くの業種・業態で共通して売れる時があるというのは、知られている様で知られていませんね。
売上不振に悩む商店が多いのに、この売れる時を逃しているのが現状です。

その売れる時とは、売れた時です。

uretatoki

例えば洋服を買った時、その洋服に合わせた靴やバッグがあると良いですね。その場で店員さんが次々、商品を紹介してくれます。でも、お客さんによっては、洋服を買った事で満足して他の商品が目に入らない人もいます。

家に帰って洋服を着てみて初めて、「 この洋服に合う靴がないかも・・・ 」と気付く人も。

 

お店側からすると、お客さんに来店してもらうのに、コストをかけています。だから折角、来店してくれたお客さんには、まだ他の商品も見てもらいたいです。特に買ってくれたお客さんは、家に帰ってからまた買いたくなります。それも買ったばかりの店からまず買いたいと思います。

その売れる時を逃さない工夫として、ネットショップは有効です。店舗で売り、お客さんが家に帰ってからはネットショップでも売るという仕組みです。これは洋服ばかりではありません。

fujilognetbar

 

先日、私は金物屋に包丁を買いに行きました。その折り、一緒に行った人が急に欲しくなって衝動的に南部鉄器のやかんを買いました。後日、彼を訪ねると、そのやかんだけでなく、南部鉄器の五徳と鍋敷も買っていました。こういう嗜好品は一つ買うと、二つ三つ欲しくなるものなのでしょうね。

買うという行為は、いわば、川の対岸に渡る如く大きな心理的変化をもたらす様です。折角、こちらに来てくれたお客さんのニーズにとことん応える仕組みを用意したいものです。
ネットショップは例えば、カラーミーショップですと月額875円で簡単に持てます。お客さんが家に帰ってから、他の商品も欲しくなった時を逃さずに買ってもらえるネットショップ、とても便利です。