売り方と新規営業の方法

顧客開拓や商品の売り方等、営業方法を研究する

商品やサービスの売り方、新規営業の方法を探究している経営者・販売営業責任者向けのサイトです。

売り方と新規営業の方法 - 顧客開拓や商品の売り方等、営業方法を研究する

利益と売り方

” 誰かがおススメしていると安心する。 ”

 

慎重なお客さんは自分だけで判断するのが不安です。
誰かの感想や意見を見て安心してから、やっと買う気になります。

褒めてもらう効果は絶大です!

 



 

料金が分り難い場合は、相場を調査しましょう!

サイト一括t見積もり

例えば、ホームページ制作、
いくらかかるのか?」分り難いと思う方が多い様です。

料金相場を知る手立てがあまりありません。そういう場合、上の一括見積もりサービスを利用する方法があります。

専任コンサルタントに予算等、希望に合った制作会社を厳選しもらえます。

 

★ 詳細は ホームページ制作 見積もりサイト  を参照下さい。

 

 




大きく成功する人は多く試しています

試してみたい


コラム 成功者の話を聞く

「閉店するコンビニだってあるのだから ・・・」

ビジネスで成功しているある人の口癖です。
コンビニの本部には全国のノウハウが集約されています。成功事例を分析し多店舗に水平展開できる仕組みになっています。そんなコンビニでもかなりの数の閉店があります。

他でうまくいった販促や広告でも自分のビジネスに合致するとは限らない。また、他で失敗した企画でも成功するかもしれない。お客さんも違えば、扱う商品も違うので他の事例はあまりあてにはならないという意図です。

だから成功の近道は試行錯誤だということです。

 

 

売り方と新規営業の方法 記事一覧

 

 

褒めてもらうから売れる!販売手法

 

価値を高めて、価格を下げずに売る手段

 

 口コミを発信してくれる人を集められるエーハチネット

A8net

  • ニッチ、マニアックな顧客を探すのに適した広告手段
  • ブランド展開にもマッチした手法
  • 使用者の口コミで価格を下げずに売る手段
  • 分からない事柄は問合せが出来る
  • 成功事例が多数ある
更なるメリットについては エーハチネット無料資料ページ を参照下さい。

 
 

 

自分で試し易い売り方

「 本当に売れるか、自分で試してみないと分からない。

・・・という方の為に
下記の3点の視点から見て、試し易い売り方をピックアップしました。

  • 低予算
  • 変更・追加がし易い
  • 予算管理がし易い

試してみれるホームページ制作

ホームページは看板と同じです。一つよりも二つの方が効果があります。
違うのは多く作るほど、看板で言うと人通りのある場所に設置できる点です。



試してみれるネットショップ開店

ネットショップこそ試してみないとノウハウを知りえないです。
経験を積めば積むほど売れる様になるでしょう。



 

売り方と新規営業の方法 参考

参考 本サイトの利用方法

 

本サイトは上記メニュー以外にも、下記検索蘭をご利用頂けます。

知りたいキーワードを入力して検索すると、関連ページが表示されます。
このサイト内検索 蘭は右サイドバーにも配置してありますので、各ページからご利用頂けます。

売り方と新規営業の方法 サイト内検索

 
販促便利リンク集
 

売れない時代の売り方

 

売上は全てを癒す

 

かつての売上至上主義を讃えた表現です。

現在では多くの業界では市場が飽和状態になり、売上至上主義では利益が出来なくなってきています。

例えば日本の製造業の場合、供給過多、製品のコモディティ化により販売効率が低下しています。その打開策として、新製品を作って市場に出そうとします。しかし、多くの日本の製造業が下のシナリオで失敗をしています。

 

売り方の失敗や営業力が分散され、新製品が売れない。

新製品の為に設置した設備費等の固定費が回収されない。

既存の製品でその固定費を回収しなければならない。

損益分岐点が上昇する。

経営がさらに厳しくなる。

 

売れない時代にやみくもに新製品や新サービスを出す事が解決先になっていない様です。やはり、基本に立ち返り、真正面から売ることや新規営業に取り組んではどうでしょうか。

営業活動
 

どんな売り方や新規顧客開拓方法があるのか?

このサイトは販売効率を上げる為に、

売り方や新規顧客開拓方法を集めて参考にし易い様にする事を目的に作りました。

重視したのは、経営者や営業責任者の視点です。

利益を出す売り方は、営業担当者任せっきりでは困難です。それ故、このサイトは営業担当者向けではなく、経営者・営業責任者を対象として以下の視点で記していきます。

1.営業担当者の能力を高める仕組み

  ターゲット顧客を獲得する能力

  クロージング力

2.売り方の環境の整備

  どの様な顧客を新規に開拓すべきか

  どういう手段でターゲット顧客のリストを作るか

まずは、下の紳士服専門店の売り方を事例に考えていきましょう。

 

紳士服専門店に学ぶ売り方

私がブレザーを見に紳士服専門店に立ち寄った時のことです。別にどうしても買わなければならない訳でもなかったのですが、いくら程するのか知りたくてお店をのぞいてみたのでした。

直ぐに店員が寄ってきました。私は買うつもりで来たわけではないので、放っておいてくれて良かったのですが、

「 サイズは何号かお分かりになりますか? 」

と聞かれて、「 アレっいくつだったかなぁ? 」と自分のサイズが分かっていないのに気づきました。

当惑している私を見て、店員はメジャーで私の体の寸法を測って、該当するサイズを教えてくれまいた。「 ありがたいなぁ。 」って私は思いました。

 

「 色は紺をお探しなのですね。 」といって、私のサイズのものを選び出し、

「 どうぞ袖を通してみて下さい。試着するだけでもしてみて下さい。 」

と言うので、”試着するだけ”と思って、来てみました。

すると、その店員は、

「 鏡はそちらにあるので、どうぞ、こちらの広い所に ・・・ 」 と言って私を移動させようとします。
紳士服専門店に売り方を学ぶ

私はカバンを持って言われる通り、鏡の前に連れられて行きました。そこはちょっとしたスペースになっていて、試着がし易い場所でした。

「 仕事で着るので、襟の形がちょっと ・・・ 」

丸みをおびた襟が気になったのでした。それと色がもっと濃い方が良いと店員に私は伝えました。すると店員は手際よくいくつかブレザーを選び出して来ました。鏡の前についた手すりにハンガーをひっかけて正面が見える様に並べてくれました。そうすると比較がし易いので、私は、「 これは色が良いけれど、ボタンが ・・・ 」 とか好みを伝え易かったです。でも、その中には私の好みを全て満たしているという物はありませんでした。

 

「 この中で強いて選ぶとすれば、これかなぁ ・・・ 」

と言って値段を見ると結構する良い仕立てのブレザーでした。

私はそれまで少し買う気になって来ていたのですが、ここに至って無ければ仕方ないと思いました。その様子を店員が見て、

「 ちょっとお待ちください。もしかしてお客様の好みの物があるかもしれません。 」

そう言って奥に行ってしまいました。

そして店員が手にして戻ってきたブレザーの色は、濃紺で良い色していました。

「 これは去年の新商品なのです。一着だけ残っていたのですが ・・・ 」 

店員はそう言って、私に着せてくれました。サイズはピッタシです。袖についていた値札のタグを見ると、安い!

 

「 こちらは一着しか残っていませんので、売れてしまうともうありません。 」

 

その店員の話を聞いている時に、私は買って帰ろうと決心していましたが、

「 そうねぇ 」と考えているふりをしていました。襟の形も申し分ありませんでした。

これは今、買って帰らないと損をすると思っていたどころか、私はもうそのブレザーを着て仕事に行く自分を思い描いていました。

 

紳士服専門店の店員はおそらく売り方の訓練を受けていたでしょうし、ツールも用意されていたものなのでしょう。

  • 店員はどういった訓練を受けていたのか?
  • どんなツール等の準備をしていたのか?

それらを考察することは営業マンに効率的な売り方を教育する上で大変参考になるかと思います。